シンママはじめました。~シンママブログ~

2019年1月、離婚決定。2019年3月、離婚。娘2人と新米シンママのブログです。

親に話しました

話すと決めたものの、とにかく憂鬱でした。

お正月には旦那も実家に来て挨拶していたし、まさか我が子が離婚するだなんて夢にも思ってないだろうし。

離婚するなんて言ったら母親がどんな顔をしてどんな反応するか、手に取るように分かっていたし。

父親は・・・内心いろいろ思うことはあるだろうけど、きっと黙って聞いてるかな。

私、ひとりっ子なんです。

たった1人の子供が離婚なんてすることになって、親に対しては申し訳ない気持ちもありました。

でもいつまでも話さないわけにはいかないし。

実家に行く機会を作って話に行きました。

 

父親と母親、別々に話しました。

父親は黙って頷きながら聞いていて、最後に一言「分かった」と。

母親もまぁ予想通りの反応しつつも「分かった」と。

泣かれなくて良かった。

そして2人が間髪入れずに言ってくれたこと。

「どこに住むの?ここでしょ?」

「戻っておいで。ここに住めば良いよ」って。

嬉しかったです。

そう言ってくれるだろうと思ってはいたけど、実際言われて嬉しかった。

親と暮らすメリットデメリットありますが、私としても実家に戻りたいと思っていたし、ゆったんに「ママとりったんとゆったんの3人で暮らすのと、じぃじとばぁばと5人で暮らすのとどっちが良い?」と聞くと「じぃじとばぁばと一緒に暮らしたい」って即答だったので。

でも一緒に暮らすというイメージができないだろうから、3人のほうが自由な面や5人だとゆったんが我慢しなきゃならない面をいくつか挙げて、その上でどっちが良いか聞いても、迷うことなく5人のほうが良いと言ってました。

もし3人暮らしとなるなら、4月の入学に合わせて家探し・職探し・保育園探し・入学手続き・・・となっていたし、それは不可能に近かったと思います。

 

なので実家に戻ってこられることになったのは良かったのですが、でもうち狭いんです。

一軒家だし、お庭もあるけど・・・狭いんです。

昔の家だから収納なんて全然ないし。

和室には押入れがあるけど、フローリングにはもうほんと、全然なくて。

だからタンスとかいっぱいあるから、狭い家がさらに狭くなっちゃって。

その上、物が多い。

片づいてはいるけど、ものすごく物が多い。

ここに3人増えるのは厳しいかも。

3人分の荷物も増えるわけだから。

ましてや20歳で私が1人暮らしを始めてから両親はずっと2人で暮らしてます。

そんな生活の中に3人増えるってものすごい変化。

毎月のように泊まりには行ってたけど、数日間泊まるのと一緒に暮らすのでは雲泥の差があるし。

よく「孫は来て良し、帰って良し」とか聞くし。

しかも田舎だし。

周りに山や川があるとか、隣の家まで離れてるとかじゃないんですが、とにかく何にもないんです。

夜はすごく暗いし。

隣の市は栄えてるんだけどな。

 

でも、実家に帰りたい大きな理由があるんです。